no title
1:
「戦後最長の景気回復」――。政府は1月29日、国内景気に関して華々しい報告と見解を示しました。景気回復の長さが6年2ヵ月まで持続。これまでの最長記録「いざなみ景気」を超えたとみられたからです。

一方でここへ来て、景気動向指数や月例経済報告などの景況判断は下方修正が続いています。「戦後最長の好景気は幻だったのではないか」という指摘も出てきています。

直近の世論調査(共同通信、3月10日発表)でも、8割が景気回復の「実感がない」と回答。経済政策の基準となる給与などの労働統計に不正が発覚したこともあり、景気に対する政府の見解に一般庶民のモヤモヤ感は増しています。

そこで、『アベノミクスによろしく』などの著書がある明石順平弁護士に、現在の景気と経済状況に対する見解を聞きました。

物価上昇に賃金上昇が追いついていない
―政府は、下方修正ながら依然として景気は回復基調にあるとしてきました。しかし、5月中旬発表予定の景気動向指数は「悪化」の見通し。一方、明石さんは景気回復が盛んに叫ばれていた頃から、一貫して「景気はむしろ悪化している」との立場です。下方修正された数値を見て、改めてその原因は何だと思いますか。また、国民の多くが景気を実感できないのはなぜだと考えますか。

どちらも「物価の上昇に賃金の上昇が追いついてない」から。それに尽きます。実際、2012年と2018年を比較した場合、増税の影響も含めると物価は6.6%も上がっている。こうなると、賃金も6.6%上がっていなければ、生活は当然苦しい。
no title


たとえば、年収400万円の人の場合、26万4,000円上がっていないと、これまで通りの生活はできません。多くの人の賃金はそこまで上がっているでしょうか。

物価上昇に関しては、日本銀行が物価目標として物価上昇率2%を目標に掲げつつも、達成できていません。このことから物価は上がっていないと誤解している人、あるいは物価上昇がこれほどとは気づいていない人が多いかもしれません。

しかし、日銀の言うところの物価上昇率とは、あくまで前年比でみた場合の数値、かつ、消費増税の影響を除いて計算されています。アベノミクス開始時点から、消費増税の影響も含めて見てみると、さきほど述べたように賃金上昇率が追いつかないほどに上がっているのです。

――しかし政府は、景気は回復しており、「3年連続賃上げ2%達成」という2016年の連合(日本労働組合総合連合)の数字を引き合いに出したり、「賃上げは大企業から徐々に広がっていくもの」とこれまで主張しています。

この2%という数字は、そもそも春闘における連合の調査に回答した連合傘下の組合員に関するもの。その他の労働者は含まれません。全労働者のわずか5%程度にしか当てはまらない数字です。

全体で見れば、2018年とアベノミクス開始前の2012年を比較すると,6年もかけてわずか2.8%しか上昇していません。この上昇も、2018年に賃金算出方法を変えて1年間で1.4%も伸び率をかさ上げした結果が含まれてしまっています。かさ上げがなければ2%にも届いていないでしょう。

物価上昇率に多くの企業の賃金上昇率が追いつかない結果、何が起きているか。総務省の家計調査の世帯消費動向指数を見れば、明らかです。ジェットコースター並みに落ちている。賃金が大して上がらないのに物価だけ急激に上がってしまったから、こうなるのです。
no title


実際、国内の付加価値(儲け)の合計から物価変動の影響を除いた実質GDP(国内総生産)のうち6割を占める「実質民間最終消費支出」(いわゆる国内消費)も、歴史的な下落を見せています。

2013年から2016年にかけて3年連続で落ちました。これは戦後初です。そして2017年はプラスに転じましたが、2013年よりも下。この「4年前を下回る」のも戦後初です。

国内消費は戦後最悪の停滞を示しています。しかも、これはGDP改定のどさくさに紛れて、国際的GDP算出基準と全然関係ない「その他」という項目で思いっきりかさ上げした結果なのです。かさ上げしなければ、もっと悲惨だったでしょう。
以下ソース
https://media.moneyforward.com/articles/2977

2:
みんな年金とか保険とか
関心無いのか
怒らないのか
不思議である 年間100万くらい
給料から天引きされるのに
保険 年金 が無ければ
月に7万は増えるのに

124:
>>2
保険や年金は自分に戻ってくるからな

それが嫌なら社会保険料を一切払わずに自分で健康保険に入ればいいし、個人年金にすれば良い

他の国と比べたら日本の制度はめちゃくちゃ良いからね

5:
国にして貰おうという根性が感覚をゆがめる。
怠け者だと思ってるアメリカ人は今の我々より勤勉で、
国のために何が出来るかを考えてる。
我々は今やただの負け犬だ。

11:
バブル期も実感なかったそうなんであまり庶民感覚はあてにならない

12:
>>11
てめえ、すぐにばれる嘘書くな
地価が上がり続けていたのに、実感ない訳ない

43:
>>12
では現在タワマンが高騰しただけ
平均株価が上がっただけで実感が無いと言う人は
何言ってんですかね

94:
>>43
バブル期も実感なかった

これがダウト↑

134:
>>94
他でも言及されてるけど不動産だけ
おかしなことになってるなあぐらいの
認識にしかなってはい

13:
デフレ脱却してない(実際はデフレに逆もどり)んだから当然だろ。
リフレ政策だけでデフレ脱却なんて出来るわけない。
予定どおり消費増税で来年度のGDPは3%から3.3%のマイナスになる。
しかも増税の影響による個人消費減少は3年程度続く。
そこに東京五輪終了による投資の減少が重なる。
日本は緩やかに中進国へと転落してゆくしかない。

17:
>>13
内需や景気なんて、全て子育て世代人口に依存してるだろ?
勝手に東京一極集中を続けて、勝手に諦めんなや、都内のクズどもが

どんな手を使ってでもいいから、ここを増やすだけで復活できるんだよ
no title

29:
>>17
君の意見は正しい。
しかし、大半の日本人がそれを理解していない。
国会議員も含めて。

15:
給料上がったと思ったら税金・年金・保険料・NHKなど取られて手取りはかわらん。
むしろ仕事は忙しくなって貧乏暇なしを地で行っている感じ。
人生夢も希望もないよ。

55:
不況になってから、個人事業主はかなり減ったね。

大店法の改正、中国への生産移転や、
間接雇用の解禁による雇用・収入の激減、
株で集めた金で、
大資本が小規模事業者を淘汰していった。

貯金のある世帯は激減しているから、.
国民年金だけじゃ暮らして行けずに
働きに出ている年寄りは多いだろう。

80:
町に製造業者がいなくて活気がないからでないの?

90:
株に投資しとけよ

91:
100均があるのに物価上昇?
全然違うわ!
仕事はあるが税金が高いから手元に残らない
元凶は税金だよ
景気が良くなったら減税する
これが一番の景気対策だよ

104:
お菓子や飲み物など
どんどん食い物賞品が小さくなってるのに
景気良いとか寝惚けたこと抜かしてんじゃねーぞ

105:
消費税をゼロにすれば実感100%行くよ
それで輸出還付金が無くなって一部のメーカーが困っても大多数の国民はハッピーなんだから
消費税をゼロにするのが一番の経済政策だよ

106:
マゾレスすると成人用紙おむつや後期医療など高齢者向け市場だけは好景気w

107:
税金や社会保険の負担は増えるばっかりだし生活必需品は値上がりするし

108:
これから労働と消費から撤退するのも出てくるだろうな

117:
どうせ数字操作してるんやろ

125:
統計が捏造だから実感するわけがない
捏造がばれたら不自然なほどすぐに景気悪化とかな
いままで散々弄ってたんだろ

126:
昔は景気良くなって小銭稼いだら、キャバクラや風俗に行ったり、家族旅行でみんなに喜んでもらったりして承認欲求を満たせていたから
みんなでドンチャン盛り上がって景気の実感が持てたし、消費も増えたんだよ。

今はアベノミクスで小銭稼いでもみんな独りで株やFXやビットコインの種銭にして溶かすから、いくら金があっても灰を食ったような気になっちゃうんだよ。

127:
物価の上昇に賃金が追いついてないどころか実質目減りしてるからな。スタグフレーションだろ。

122:
景気なんて回復してなかった

引用元: ・【経済】あなたが「戦後最長の景気回復」を実感できない根本原因