no title
1:
16日の東京株式市場で日経平均株価は反落し、前日比125円58銭(0.59%)安の2万1062円98銭で終えた。終値で3月28日以来、約1カ月半ぶりの安値となった。米国が中国の通信機器最大手、華為技術(ファーウェイ)への輸出を事実上禁止したことで、米中摩擦の激化による株安を見越した海外勢が株価指数先物に売りを出した。電子部品株や景気敏感株、中国関連株も売られ、日経平均は取引時間中には節目の2万1000円を割り込む場面もあった。

no title


取引開始がこの日の高値となり、その後はじりじり下げ幅を広げた。米商務省が15日にファーウェイに対する米国製ハイテク部品などの事実上の禁輸措置を発動したと伝わると、米中貿易摩擦の激化が改めて意識されて、海外投資家を中心に景気敏感株の比率が高い日本株の持ち高を減らす動きが広がった。午後になると「米中貿易摩擦の影響を受けやすいとの警戒感から、電子部品や半導体関連株の売りが目立った」(野村証券の小高貴久エクイティ・マーケット・ストラテジスト)といい、日経平均は午前に続いて一時2万1000円を下回った。

さらに、トランプ米大統領が日本と欧州連合(EU)を対象に、自動車輸出の制限を求める大統領令を検討していると伝わったことも自動車株の売りを誘った。自動車への追加関税の発動を延期する代わりに、日欧に対米輸出を制限する策を180日以内に講じるよう求める内容で、トヨタやホンダなどの自動車株は朝高後に下げに転じ、相場を下押しした。

東証株価指数(TOPIX)も反落し、前日比6.60ポイント(0.43%)安の1537.55で終えた。JPX日経インデックス400も反落し、終値は前日比53.67ポイント(0.39%)安の1万3693.89だった。

東証1部の売買代金は概算で2兆3942億円、売買高は14億6158万株だった。東証1部の値下がり銘柄数は1227、値上がりは845、変わらずは68だった。

日経平均の指数寄与度の高いソフトバンクグループ(SBG)が安い。東エレクやTDK、太陽誘電が売られたほか、資生堂やファナックなどの中国関連株も軟調だった。半面、KDDIは年初来高値を更新した。東ガスやJR東日本、鹿島などの内需関連株が買われたほか、リクルートも高い。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

2019/5/16 15:40
日本経済新聞
https://www.nikkei.com/article/DGXLASS0ISS16_W9A510C1000000/

2:
零和ですね

はい

4:
令和相場
●●●●●●○●

5:
必死に2万1000円ラインを守る姿が痛々しい。
心臓蘇生を続けている間は死亡認定されないからなw

8:
>>5
今使っておるのが20倍日銀砲なのじゃ...

10:
>>8
その後はクリリンが死ぬことになるな

6:
ちぇ 日本人の投資家って臆病だな。
右にならえしてんじゃねーぞ。
みんなでやるときは横断歩道渡るときだけ。くっそ

13:
>>6
まだ安くなるから、そのときに買う予定

7:
米中がくしゃみをすると風邪をこじらせて死んだ

12:
ファーウェイのスマホを保持している輩は国家反逆罪として片っ端から逮捕しろ

14:
米朝貿易戦争が長引くなら、一時的にスマホ部品メーカーはリストラが必要になってくるだろうが、劇的に解決する可能性もあるので、リストラのタイミングが難しいな。
とりあえず派遣減らして調整するだろうけど。

引用元: ・【株価 5/16】東証大引け 反落、1カ月半ぶりの安値 ファーウェイへの輸出禁止、電子部品に売り【前日比125円58銭安】