money_market_bubble_hajikeru
1:
バブル時代は、東京の郊外型マンションと同水準の価格だった新潟県湯沢町のリゾートマンション。しかし、30年前の勢いは今や見る影もない。湯沢町に約1万5000戸分建設されたリゾートマンションの凋落ぶりを、住宅ジャーナリストの榊淳司氏が解説する。
ホイチョイ・プロダクション原作の映画『私をスキーに連れてって』が公開されたのは、1987年の11月。世の中は、あの平成大バブルの絶頂に向かって盛り上がっていた。また、スキーブームにも沸いていた。東京に住む多くの若者は、冬になると2度か3度はスキーに行くことが当たり前だった。

私はそのころ、広告代理店の制作部門に在籍していた。もっぱら分譲マンションの募集広告を作らされていたのだ。あるとき担当させられた広告の1つに、新潟県の湯沢町にできるというリゾートマンションがあった。「世の中には、マンションを買ってまでスキーをしたがる人がいるのか」そんなことを考えたのを覚えている。

パンフレットや図面集、価格表を作った。価格を見て驚いたのだが、当時の東京の郊外型マンションとほとんど同じ水準だった。その購入費用と維持費用の総額は、同じリゾート地のホテルを利用した2泊3日のスキー旅行を毎年5回、30年続けた場合の費用よりも高額だったのである。

「これを買う意味があるのか?」

なんとも不思議な商品だった。そもそも、リゾートマンションという形態そのものが、温泉やスキーなどが目的や用途であるにもかかわらず、コストパフォーマンスでは説明できない不動産商品だったのだ。

しかし、時はバブルだった。そういった商品に説明できない価格がついていても、それなりに売れていたと記憶している。そのうち、都心にあるようなタワー型のリゾートマンションまでが湯沢エリアに次々と登場した。湯沢エリアで、リゾートマンションブームが巻き起こったのだ。最終的に、湯沢町には約1万5000戸分のリゾートマンションが建設されたという。

リゾートマンションの悲惨な末路
それで、現状はどうなっているのか。かなり悲惨である。まず、そういったリゾートマンションの資産価値は、ほぼゼロと考えていい。10万円で売り出されている物件も多数あるが、成約事例が多いとは思えない。

このエリアのマンション売買は、H不動産というリゾート専門の大手仲介会社が、そのほとんどの取引に関わっているはずだが、取引に関するデータを一切公表していない。またメディアの取材も受けつけない。一方、競売案件を調べてみると、多くの物件が備忘価格になっている。備忘価格とは実質ゼロ円なのだが、帳簿上ゼロ円だと存在しないものとされるので、形だけ価格をつけておく、というもの。競売開始額が1万円とか5万円に設定されているのだ。

つまり、裁判所も、湯沢町の多くのリゾートマンションは実質ゼロ円だと見なしているのだ。かつては3000万円から5000万円以上で販売されたリゾートマンションが、今やその価値がゼロ円だと見做されている。これは日本の分譲マンションの歴史における、かなり衝撃的な出来事ではなかろうか。

今や「高齢者のためのデイサービス施設」
そういった湯沢町のリゾートマンションを訪ねてみると、少々驚かされることがある。

まず、多少老朽化したとはいえ、設備が立派である。とくに、温泉大浴場は一流の温泉旅館並みと思える物件も多い。タワータイプのリゾートマンションの中には、豪華絢爛な展望大浴場もある。もっとも、つねに新鮮なお湯が供給される「源泉かけ流し」になっているところはほとんどない。見たかぎり、すべてがお湯を使いまわす「循環ろ過」式だった。

あるリゾートマンションでは、理事たちは絶対にお湯に浸からないと聞いたことがある。そこで湯船にたたえられているお湯がどういうものか知っていると、「とても浸かりたいとは思えない」のだそうだ。

湯沢町のリゾートマンションを見ていると、そこの住人と思われる人には高齢者が多いことも意外だった。私が見せてもらったのは、2018年11月の平日の午後。いくつかのリゾートマンションでは、浴衣を着てタオルを首にかけ、洗面器を持って大浴場に向かう高齢者と何度もすれ違った。

以下ソース
https://toyokeizai.net/articles/-/275708

2:
新幹線通勤に補助が出るような会社に勤めてかつ、物好きじゃなきゃ住まないよな

43:
>>2
地元の独居老人がすむんだよ。

で、垂れ流しとか。

149:
>>43
源泉垂れ流しかよ!

4:
チャイナマネーでも呼び込め

44:
>>4
もう入っている所もあるが、管理組合が強いから大勢力にはなっていない。

5:
リゾートマンションの中には設備が簡素でその分、管理費が安い物件がある。
こういう物件はメンテも楽だし、立地がよければ定住も可能なのでお勧めだ。

226:
>>5
それでも賃貸ならという条件付きだろ
いくら質素な物件でも所有なんかしたらただの負債状態。

所有者の多くが管理費未納的な感じのところは珍しくもなく
いざ修繕が必要になっても手がつけられないということも多いと聞く

7:
軽井沢にはなれなかったということか?

48:
>>7
そもそもスキーがなければ当時だってあそこまで開発されはしなかった。

今は当時の空前のスキーブームが分かっていないからアホとか言える。

まあ、当時でも元を取るには三十年間シーズン五回通ったことにしないと元はとらないとか異常な根付ではあったが。

8:
友人の実家も家の価格が億を超えたが
近くも同様に値上がってたし遠くに引っ越す理由も無いので
上がった固定資産税に苦しんだだけと言ってたな

29:
>>8
うちは2億超えてるけど固定資産税なんて大したことないぞ

118:
>>29
いくらだか書けよ

325:
>>118
1.4%だろ

139:
>>29
土地は小規模住宅の特例が効いてるし、建物は古くて償却が済んでるんだろ?年に40万てところだな

9:
叔父から相続した苗場のマンションを50万円で売り抜けた
手数料を含めると大赤字

49:
>>9
それは凄くラッキーな話なんだよ、
30万で売れることすらほぼなくて、だいたいはもれなく数百万から数千万の管理費滞納が付いている。

だから、遺産の中にリゾートマンションがあったから親類縁者が全て相続放棄して、家族の家を手放したなんて悲劇が結構ある。

10:
維持費を考えると只でももらっちゃ駄目な物件

123:
>>10
氷河期世代を公務員にしてここにすまわせて。
物件管理と、年寄りが孤独死しないように、世話するんじゃなくて見回って声かけるだけの仕事与えとけば良いんじゃね?
後は年寄りが欲しがってるものをAmazonで発注して届ける仕事で良いと思う。

372:
>>10
修繕費とか踏み倒せばなんとかなるw

373:
>>372
半グレかよw

11:
ベーシックインカム式老人施設ニダ

12:
貧乏だが健康な老人でも詰め込んどけよ

13:
おれの住んでいる町もコンパクトシテイとかで
駅周辺と中心部はマンション建設ブームだよ。
既設がかなり売れ残っているのにね?

47:
>>13
なんか富山で聞いたフレーズ

22:
夏、暑いけど湯沢は好き。
激安リゾマンを何度か買おうとしたし、
ひまわりで下見も行った。

最低30万円の固定費はイイけど
問題は、横浜と関越が東京オリンピック過ぎても環状線が繋がらない事。

そうしてるうちに、子供も大きくなったし
別荘のニーズも薄くなった。
まあ、横浜の自宅がイチバンという結論なんだな。

32:
>>22
外環道の建設が遅れに遅れた経済的損失はかなりのものだろうな。
ようやくシールドマシンが発進したばかりで開通時期は未定ときてる。

34:
>>30
考えた事あるけど、嫁と子供の事があるし
湯沢で孤独氏するのもなあ。

>>32
その通り。

実際、用賀から先は未定なので
俺が生きてる間に海ほたる方面との直結は諦めてる。

31:
同じようなマンションが
今ニセコにどんどんできてるんですがそれは

144:
>>31
越後湯沢の二の舞

289:
>>31
>>144
ニセコは買い手の主力は外人だろう
どうなるかな?

36:
ニセコみたいに何でオーストラリア人を入れないの、馬鹿なの。

212:
>>36
雪質が違う。ニセコはパウダースノーで人気。
湯沢はベタ雪なので欧米スキーヤーは敬遠

224:
>>212
その代わり東京からは手軽にいけるからアジア系が多いな

41:
安いからと買ってもいざ売る時になって買い手が無ければ管理費永遠に払うはめになるからな

42:
温泉とかの設備の維持コストがあんなにかからなければ使いようもあるけどね。
あと、その維持コストや修繕費を払っていないオーナーがいるのもネック。

45:
高齢者が入った大浴場は源泉かけ流しというより大小便垂れ流しだからな
とても入浴する気にはなれない

52:
30年後の豊洲のマンション群だな
タワマンは大規模修繕の実績ある業者が現在ゼロw
次の大規模修繕が始まる数年後からは業者の言い値でしか頼めない状況になる
やったことないものにはリスク工数乗せるから修繕計画なんて絵に描いた餅
ボッタクリ料金でやらざるを得ないから
そのコストを回収するにはマンションの値段にプラスして売るしかないが
売出し時にバブル価格だから買い手が現れない

タワマンは湯沢のマンションより酷い状況になるよ

87:
>>52
豊洲と晴海はやばいだろうな。間取りも良くないし。どうするんだろ?

90:
>>52
タワーマンションの分譲は禁止にするべきだと思う
50年後問題になることが目に見えている

61:
田舎のマンションなんて固定資産税も掛かるしタダでもいらんよな

39:
ただでもいらない負動産

引用元: ・【不動産】湯沢の新築3000万円物件が「ほぼゼロ円」の現実。凋落する「バブル時代のリゾートマンション」